会社情報Corporate Profile

ご挨拶

有限会社弘栄電気は、1974(昭和49)年の創業当初から、札幌地下鉄(南北線)の真駒内駅電気板新設及びケーブル架線をはじめ、北海道全域はもちろん、遠くは静岡県浜松駅の電気工事などの業務実績を積んで社会の発展に貢献してまいりました。
現在は、JR東日本の仕事をメインに手掛け、東北地方や北海道の在来線及び、北海道新幹線で使用する電車線の架線、メンテナンス事業などを着実に進め、新幹線開通に向けた架線工事を進めるなど、将来性のある大きな仕事に取り組んでいます。
当社では、高い技術力を生かしながらよりよい仕事をするために、もっとも大切だと考えるふたつ理念があります。ひとつは、全社員の命を守る万全な「安全対策」に取り組むこと。そして、古い概念や慣習にとらわれず、社員のモチベーションをあげる「働きやすい環境作り」です。社員みんながひとつのチーム・家族と考え、「健やかな人づくりから、よりよい仕事につながる」という私の理念は、先代の社長の下で働きながら培った経験と、新しいことにチャレンジしたいという気持ちから生まれました。良いものを作ることによって高い評価が得られ、次の事業に繋がっていく仕事の面白さや大きなやりがいを、肌で感じてほしいと思っています。地域に密着し、生活を支えるためにも重要な鉄道架線工事や整備等に取り組むため、多くの若い力に期待し、当社の優れた技術を伝承しながら「社会や一緒に働く人に責任を果たす企業」を目指してまいります。

代表取締役 浅利孝雄代表取締役 浅 利 孝 雄

会社概要

商   号 有限会社  弘栄電気
所 在 地 [本   社] 〒047-0265 北海道小樽市春香町339番地
[岩沼出張所] 〒989-2433 宮城県岩沼市桜2丁目8-16サンビレッジ桜A棟
電話番号 0134-62-3524
FAX番号 0134-62-7346
設   立 昭和49年
資 本 金 300万円
役   員 代表取締役 浅利孝雄
従 業 員 16名
事業内容 東北地方・北海道内の在来線及び北海道新幹線で使用する、電車線の架線・メンテナンス業務及び鉄道電気施設の新設


弘栄電気会社案内ムービーはコチラから

〜あゆみ〜

昭和49年〜昭和51年 札幌地下鉄(南北線)真駒内駅電気板新設及び電気ケーブル新設
昭和51年〜昭和55年 函館本線電化設備修繕工事(小樽〜札幌間)
昭和55年〜昭和58年 室蘭線電化新設工事・函館本線重架化工事(砂川〜美唄間)
東北新幹線大宮〜盛岡、上越新幹線大宮構内新設工事
昭和58年〜昭和62年 札幌高架化電車線工事・函館本線設備改良、修繕工事(札幌〜旭川間)
昭和62年〜平成4年 山形新幹線開業に伴う改良工事・修繕工事・奥羽本線支持物改良工事
平成4年〜平成23年 総武本線電力設備修繕工事・蘇我〜浜野間電車線支持物取替
浜松駅・品川駅構内インテグレード化支持物改良工事
北陸新幹線 高崎〜長野間架線新設工事
平成23年〜平成27年 東北地方太平洋地震復旧工事
仙石線 福田町〜陸前小野間電力設備災害復旧工事
東北新幹線 白石蔵王〜一ノ関間AT保護線新設、修繕工事
東北本線電力設備線条工事
北海道新幹線電力設備新設及び支障移転工事(青森工区)
平成27年〜平成29年 北海道新幹線緩衝工電力設備新設及び支障移転工事
北海道新幹線 新北斗駅構内架線、支持物新設工事
岩見沢〜美唄間可動ブランケット取替工事
苫小牧〜室蘭間可動ブランケット取替・千歳線千歳〜南千歳可動ブランケット取替
東北新幹線白石蔵王〜仙台間AT保護線修繕工事